まいなすK

チルノ好きなゆやの氷結ぶろぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷の妖精

過去絵を紹介とか黒歴史過ぎて泣けてくるので却下。
むしろ、どう描いて塗ったかなんて覚えてないw

と言う事で、一番最近うpしたのなら覚えてるのでつらつらと解説してゆきます。
完全に独学とフィーリングで描いてますので微妙ですね。


今回の絵はなんとなく生足が描きたかった。

終。


短いですねww



さて私の場合、結構描く前に単語並べてから描く事が多いです。

イメージしてたキーワード。
生足、綺麗、背景頑張ろう、腰掛。

以下長い作業過程。

rakugaki71.jpg
いつもラフはかなり手を抜くんですが、今回に限り2回描きました。
と言ってもラフには極力時間をかけないですね。
当たりをつける程度までです。

rakugaki72.jpg

次に線画抽出。
ここが一番時間かかります。
納得のいく線が引けるまで何度もやり直します(特に髪

筆圧も十二分に本領発揮させてます。
角→太め ライン→細め
明→細め 暗→太め
こんな感じに筆圧は変えてます。

筆圧はたまに端折るんですが、線画の太い絵を描くときは必須です。
見栄えがぜんぜん違う気がします。
今回は割と細めなので、筆圧を拘ったのは頭ぐらいです。

影を付けるであろう箇所には薄く線を忍ばせてます。
この辺の感覚は直感ですw

実は目の線画が大の苦手だったりします。
綺麗な目を描ける人は羨ましいですw
rakugaki73.jpg

次に塗り。
最近は塗りが楽しくてしょうがないw
デッサンそっちの気で塗り塗りしております。

髪は厚塗りとアニメ塗りを合わせた様な訳わかんない塗りかたしてますw
全体にも軽くグラデかけてます。
レイヤー構成みたいなの↓
ベース色、グラデ、影1、影2、ハイライト、服の反射
髪の塗りは未だに納得いく塗り方が出来た事が無いですw

服はアニメ塗り?結構ぼかしを使います。
まずは、ガリガリアニメ塗りしてシャープな影とぼかす影を塗り分けます。
本来ならしわの形状なんかを気にしながら塗るのですが、
まだそこまで理解してないので、適当に塗ってそれっぽく見えればOKみたいなノリですw
基本的に適当です。

ちょっと前までは濃い色を好んで使ってましたけど、最近は淡い色が好きです。
影が誤魔化せるかr(ry
白青系の色は結構使い慣れてきた感があるんですが、赤と緑はどうも難しいですね。


最後脱線しました。

塗りに関しては以上です。

rakugaki70.jpg

背景は、いつも羽を描く感覚で塗ってました。
羽の塗り方は、
ベース色、氷ラインに添ったハイライト(発光)、氷平面のハイライト(発光)、角(白)、濃い目の色(紫)
ちょっと濃い目の紫なんかを使ったらいい感じになりました。

水色、青系オンリーだと綺麗にはなるんですが、
見栄え的に暖色系があってもいいかもしれないですw


今回は水彩筆は未使用です。ブラシのみで描いてます。
水彩はぼかし要らずなのがいいんですけどね・・・・。

仕上げに、
キャラにオーバーレイ。全体にスクリーン(強度30%ぐらい)をしてます。
合成で一気に絵の雰囲気変えられるのは素晴らしい機能だと思います。



ただの作業過程書いただけなんで、参考になるかは皆無ですが以上ですw

最終的に、可愛いチルノが描ければ過程なんてどうでもいいんです!!(ぁ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yuya12cirno.blog46.fc2.com/tb.php/2-22c77f7d
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。